貴意に添うゲームブログ ~でらの生きる道~

見て下さった方どうもありがとうございますヽ(*´∀`) ゲーム実況を中心にうpしております。実況動画の簡単な作り方も載せておりますので、よろしければどぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

実況動画の作り方 其の三 ~どうやって編集するの?編~

実況の作り方もいよいよ終盤!どうやって編集するの?編です(*´∀`)

其の一、其の二を見てない方はまずこちらから!
第一部 なにがいるの?編
第二部 どうやって収録するの編

これより以下の説明、分かりにくいかもしれませんがご容赦を!
(私のPCはVISTAですので、XPの方と表示が少々違うと思われますので注意)
又ダウンロードなどは自己責任でお願いします><

さてさて、動画も撮影し終わったので・・いざ!編集してみましょう!

起動するソフトは{windows ムービーメーカー}です。
左下のウィンドウズマーククリック→すべてのプログラム→windows ムービーメーカー
クリックしていざ起動!

実況説明3-1

このような画面が出てきたと思います。
右画面にその動画の映像、あるいは選択しているファイル(ネモを選択しているからネモ)が表示されます。
ではまず、撮影したゲーム動画の映像&実況した音声を引っ張りだしてきましょう!

左上の{メディアの読み込み}をクリックして、保存したゲーム動画&実況音声のファイルを
ムービーメーカー上に表示します。

すると上の犬2やネモのところに、実況動画や実況音声ファイルが表示されたと思います。

実況説明3-4

このファイルを上のようにゲーム映像は{ビデオ}と書かれたところにドラッグ&ドロップ!
同様にオーディオ/音楽と書かれているところに実況音声ファイルをドラッグ&ドロップ!
これでゲーム映像と実況音声が、1つになりました~

なので作業用BGMなどに興味のある方は、MP3やWMAなどのファイルを
オーディオ/音楽のところにドラッグし、画像は適当なもの(jpgやgifなど)をビデオのところに
ドラッグすれば、簡単にBGMは作れます!

極端な話、
デジカメでムービーを撮る→パソコンにそのファイルを取りこむ→そのファイルをビデオにドラッグ
これだけで動画は作れちゃうんですね~。
なので簡単な動画ならすぐ作れちゃいます。すごい世の中ですね><

話が少し脱線しましたが、これで基本的な形は完成ですヽ(・∀・ )ノ
そしてこの後最初にすべき事は、ゲーム映像と実況音声のタイミングを合わせる事です。
前回でも述べたように、テレビの映像を見ながら喋っているので、パソコン内に録画した
ゲーム映像と音声は多少のずれがあります。
これを自分の耳で何度も確認しながらドラッグ&ドロップを繰り返し、ネモの下の再生マークを
クリックしてゲーム映像と自分の喋る声が時差なく重なるところになるまで
繰り返します。(何気にめんどくさい作業ですが頑張りましょう!)

後はその動画に編集を付け加えて、面白くしていくのみ!
(編集でどんな事が出来るのか、量が膨大すぎて紹介しきれません・・申し訳ないですorz)
習うより慣れよ、という言葉があるように、
実際に操作をしてみて、どんな事が出来るのか色々試してみましょう!

例えば1枚目の画像の{ツール}をクリックすると

実況説明3-2

このようなものが出てきます。

タイトルおよびクレジットをクリックすれば字幕が作れ、
特殊効果をクリックすれば倍速やモノクロなど動画に変化をつける事ができ、
切り替え効果をクリックすれば動画と動画のつなぎ目に変化(めくれたり)をつける事が出来ます!

最初はやり方が分からない事もあるかと思いますが、
すぐに慣れます(´∀`*)
もし何か分からない事があればこのブログで質問頂ければ、
分かる範囲でお答えいたしますので!

そしてひとつ注意として、ムービーメーカーでは動画の上に動画を貼る事ができません。
(オーバーレイという編集です)
もしも編集でもっと色々出来たらな~という方は
Video Studio 12というソフトがお勧めです!私も現在こちらで編集を行っています!
ムービーメーカーよりも編集がしやすく、素材も豊富です。
だいたい8000円前後で買えると思うので、もし気になる方はぜひ!
又編集のフリーソフトでも色々あるみたいですので、そちらも興味のある方はどうぞ(*´∀`)

では編集が終わった後どうするのか。そちらを説明します!
一番左上のファイルをクリックし、ムービーの発行、をクリックしましょう。

実況説明3-5

するとこのような画面が出てきます。
一番上の{このコンピュータ}を選択し次へ進みましょう。
その次にファイルの名前と保存場所を入力し、更に次へ進みましょう。

実況説明 追加

するとこのような画面に出てきました。
しかしここで問題が。
ファイルのサイズがムービーによって異なる~と書いています。
ニコニコ動画にあげるには40M以下(プレミアムなら100M以下)にしなくてはいけません。
又、ビットレートも自分好みの設定に出来ません。(※ビットレート・・ゲームの画質)
ではどうすればよいのか、それを説明します!

{windows メディア プロファイル エディタ}というソフトがプログラムされていると思うので、
そちらを開きましょう!
(ない方はこちらでダウンロード可能です)

実況説明3-12

上記のような画面が開いたと思います。
ファイルの名前は分かりやすいものにしましょう。
640×480、というのは映像(ピクセル)の大きさです!
ここでは400Kのものを作ってみましょう。

次にメディアの種類のオーディオ&ビデオに両方ともチェックをいれましょう。
そして対象ビットレートの枠内の右側にある追加をクリックし、
ビットレートに{400K}と入れましょう!

実況説明3-13

更に進むとこのような画面。
ビデオサイズのところを640×480に変更!そしてとりあえずデスクトップに保存しましょう!

後はそのファイルを
コンピュータ→Cドライブ→Program Files→Movie Maker→Shared→Profilesをクリックし、
Profilesの中にデスクトップに保存したファイルを移動させましょう(*´∀`)
(Profilesフォルダが無い場合は作って大丈夫です!)
移動させると変なメッセージが出ますが無視しちゃって大丈夫ですw
では一度ムービーメーカーで編集したファイルを保存して、もう一度ムービーメーカーを
再起動した上で、先ほどの画面を開いてみましょう。

追加2

追加の設定を選択すると、下側に自分の設定したビットレートやピクセルのものが
出てきたと思います!
なので動画の容量にあわせて色々使う為にも、400だけでなく
200~600で色々作ってみると動画を高画質にしたり容量の軽い動画にしたり
する事が出来ます!

後は動画の容量を確認しつつ右下の発行ボタンを押せば自動的にパソコンが頑張ってくれます!
それなりに時間がかかるので、テレビでも見て気長に待ちましょうw

これで実況動画の完成です!!( ^ω^)
出来あがったものはあげる前に一度自分で確認してみましょう!

長々と作り方について書かせて頂きましたが、これにて3部構成の実況動画の作り方の説明は
終了です!文章で説明するのは、なかなか難しいですねヾ(ο゚ω゚ο)あくまで作り方の一つの例ですので、参考になれば幸いです。
又間違っている点や、こうすればより分かりやすい、というものがあれば
教えて下さると嬉しいです。
それと、何か分からない事があれば、気軽にコメント下さい。
分かる範囲で全力でお答えいたしますので!

最後までこの長ったらしい説明にお付き合い頂き、ありがとうございました!(´∀`*v)
↓もう一度読みたいはこちら!
第一部 なにがいるの?編
第二部 どうやって収録するの編
スポンサーサイト
実況動画 作成方法 基礎編 | コメント:9 | トラックバック:0 |

実況動画の作り方 其の二 ~どうやって収録するの?編~

さあ機材も揃ったところでいよいよ収録していきましょう!

前回紹介した接続をして、ゲームは起動している状態で話を進めていきます~

まずキャプチャーボードのソフトを起動させます。

P9080536.jpg

キャプチャーボードのソフト(録画する為のプログラム)を付属のCD-ROMからインストールします。
インストールが完了したら、デスクトップ上にショートカットが表示されるので
ダブルクリックしましょう!


P9080537.jpg

するとこのような画面が出てきたと思います。
赤丸で囲んだ{新規プロジェクト}をクリックします。

P9080535.jpg

更に3つ選択肢が出てきますが、一番上の赤丸のものをクリック!

P9080534.jpg

そしてこの画面にたどりついたと思います。
では左上赤丸をクリック!

P9080533.jpg

P9080539.jpg

上がパソコン上の画面、下がテレビ上の画面です。
このように多少のずれが生ずるので、テレビを見ながら通常通りプレイして実況しましょう!

ここでパソコン上に「何も表示されない!」「音声しか聞こえない!」
というトラブルにあう方もいると思います。

P9080532.jpg

そんな方はこちらの赤丸で書かれた部分をクリックし、ビデオプロパティを選択しましょう。

P9080530.jpg

おそらくこの赤丸で書かれた部分が{S-video}になってると思いますので、
ここを{コンポジット}に変更してください。
これでおそらく映るはずです!
(これでも映らないバイ!という場合は、いったん再起動などすれば映る事もあります!)

あとはキャプチャー開始ボタンを押せば、録画スタート!
保存先も自分の分かりやすいところにいれときましょう!

ここで注意として、HDDの残量に気をつけなくてはいけません。
30分録画すると約1ギガ使います。つまり、残りHDDに注意しないでテレビ画面ばかりみてると
撮影出来てなくてオワタ\(^o^)/なんてことになってしまいます。
ですので残り残量には十分に注意しましょう!

さて後はマイクの収録ソフトですが、
VISTAの方ならサウンドレコーダーというソフトがありますので、それで収録しましょう!

P9080531.jpg

XPの方は60秒しかサウンドレコーダーで録音できないのでフリーソフトを使いましょう!

~訂正~
XPでもサウンドレコーダーで60秒以上録音することができるそうです><
60秒間無音状態を録音→コピー→貼り付け
で録音時間を伸ばすことが出来ます。
ただ、フリーソフトを使用したほうが楽だそうです!

マイク 録音 フリーソフト などで検索すれば色々出てきますので使いやすいものを!

これであとは両方録音開始して、ゲームしながら色々喋りましょう!
収録方法編は以上です~(*´∀`)分かりにくい点もあったかと思いますがお許しを・・
さあここまで出来たらあとは編集してあげるのみ!

其の三 ~どうやって編集するの?編~に続きます~ヽ(・∀・ )ノ

前→其の壱 ~機材は何がいるの?編~
次→其の参 ~どうやって編集するの?編~
実況動画 作成方法 基礎編 | コメント:4 | トラックバック:0 |

実況動画の作り方 其の① ~何が必要?編~

卒論の合間をぬって、前々から紹介する予定だった

実況動画の作り方

を紹介します(*´∀`)

今回紹介するのは私の作り方ですので、ほかにも方法は
たくさんあります。あくまで一つの方法にすぎない、という事をお忘れなく!
又、パソコンのスペックによってはこの方法が出来ない可能性もある事もお忘れなく!

http://www18.atwiki.jp/live2ch/←のサイトにとっても詳しく載ってます!

又、ニコ動やyahooなどで{実況 作り方}で検索すればたくさん出てきます。
もし興味ある方は一度ご確認を!


さて、まず撮影方法にはプレイする方法によってざっくばらんに2種類に分かれます。

①実機でのプレイを撮影
②エミュレータでのプレイを撮影

今回は①の方法をお伝えいたします(∀`*ゞ)
ようするに、スーファミやPS、Wiiやセガサターン、etc・・・をテレビでプレイして、
それをパソコンの方にも出力して、それをパソコンで収録する、という方法です。

では次に機材は何がいるのか?という事ですが、

「実況動画作りたいんですが何がいりますか?( ^ω^)」

などヨドバシやビックカメラで聞いたところで、店員さんは教えてくれません。(むしろ気まずくなります)
中には教えてくれる方もいるかもしれませんが、なかなか勇気がいりますよね。

では何がいるのか?を羅列すると

①パソコン
②キャプチャーボード
③分配コード&端子
④マイク
⑤実況したいゲーム

があれば誰でも気軽に実況動画は作る事が出来ます(/ω\)
(DVDプレーヤーで撮る方法もありますが、今回は紹介しません)
①と⑤は持ってる事を前提に話を進めます。

ではまず②のキャプチャーボード!

P9030518.jpg

これが私の使っているもので、wikiでも紹介されています。
ようするにこれはパソコン上でテレビゲームをプレイしたり録画できるようにするものです。
だいたいamazonで8000円ちょいで購入できます~
GV-MDVD3で検索したらすぐ出ます!

そして③の分配コード&端子。

これは何に使うのか、というと
パソコン上に表示されるゲーム画面はこちらの操作と1~2秒のタイムラグがあるので、
テレビとパソコン両方にゲーム画面を出力し、通常どおりテレビを見ながら
プレイをする為に使います。(なんだこの分かりにくい文章は(´・ω・`))

P9030524.jpg

P9030519.jpg

フジパーツ 分配AVケーブル フジパーツ ピン端子

で検索すればすぐ出てきます(´∀`*)

ではこれらとキャプチャーボードをどのようにつなぐのか、というと

P9030523.jpg

青い丸で書かれているのが分配AVケーブル、赤い丸で書かれているのがゲームのコードです(´ω` *)右側にキャプチャーボードがあり、左上の青丸のコードが、テレビの3色端子にささっています。
この端子の色を間違えるともちろん音声も映像も取り込めなくなるので、しっかり確認しましょう!

・・・この画像で伝わるのか・・w

追記 

ゲーム機----ピン端子----т----テレビ
                   l
                   l
             キャプチャーボード
                   l
                パソコン

このような図式となります!(小鳥遊さん提供感謝!)

これでゲーム映像や音声をパソコンに取り込めるようになりました!
さあ後はマイクですが・・

このマイクがなかなかの曲者でして、
パソコンによってマイクとの相性があるらしく、こればかりは色々買って試してみるしかないですorz

ちなみに私のマイクはスカイプで使う2980円のマイク(ヘッドホン仕様)ですv(´∀`*v)
ノイズをなくす方法については、又追々書きたいと思います!
wikiでは

サンワサプライ マルチメディアマイクロホン MM-MC6SV

というマイクがおすすめだそうです~

ではどのように収録していくのか!
次回で説明致します(;´∀`)

分かりにくい説明で申し訳ございませんでした(´・ω・)

次↓

其の二 ~どうやって収録するの?編~
其の参 ~どうやって編集するの?編~
実況動画 作成方法 基礎編 | コメント:6 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。